ワイヤー矯正とインビザライン(マウスピース矯正)の違い

ワイヤー矯正とインビザライン(マウスピース矯正)の違いは主に下記の違いがあります。

治療方法の違い
治療期間の違い
治療費用の違い
見た目の違い
脱着の違い
治療効果の違い
痛みの違い

それぞれメリット・デメリットが生じますので当院では細かく違いのご説明をして患者さまに最適な矯正治療をご提案しております。
下記ではそれぞれの矯正装置の比較をご説明しております。

インビザライン(マウスピース矯正) ワイヤー矯正
治療方法 マウスピース矯正はその名の通りマウスピースを装着することで少しづつ歯を動かしていく矯正方法になりますのでまずお口の中をデジタルのスキャナーで読み取り、歯をどのように動かしていくのかシミュレーションをします。そのシミュレーションを元にマウスピースを作成して治療を進めていく方法です。 ワイヤー矯正は歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を取り付けて、そこへワイヤーを通して歯を正しい位置に動かしていく矯正方法となります。
治療期間

マウスピース矯正は2週間に1度マウスピースを交換していきます。その時の歯並びの状態に合わせてマウスピースを何個使用していくのかは患者さまによって異なりますが平均的には半年~1年前後での治療完了が多いです。

ワイヤー矯正は歯並びの状態にもよりますがマウスピース矯正と比較するとより複雑なケースにも対応出来る事が多い為、平均的に1年半~2年以上かかる事があります。
治療費用 当院ではマウスピース矯正治療費用は40万円~80万円としております。 平均的な相場としては約60万円~100万円ほどとなっております。
見た目 マウスピース矯正は透明な装置ですので他人に気付かれにくい見た目です。 ワイヤー矯正は金属で出来ている為、比較的目立ちやすくなっています。
脱着の違い マウスピース矯正は取り外しが可能ですので歯みがきをする際や食事をする際は外すことが可能です。ただ、外している時間が長ければ長いほど歯が動きづらく治療期間が延びてしまいます。 ワイヤー矯正はブラケットを歯の表面に接着してワイヤーを通し弾力性を利用して歯を動かしていく装置ですので、治療完了もしくは途中で矯正治療自体を中断する以外には外すことは出来ません。
治療効果の違い マウスピース矯正はご自分で取りはずすことが出来るメリットがある反面、外す時間が長いほど治療期間が延びてしまうことがある為、患者さま次第で効果が変わってきます。 ワイヤー矯正は外すことが出来ないデメリットがある反面、確実に歯を動かしていくことが出来ますので効果を実感しやすいメリットがあります。
痛みの違い マウスピース矯正は2週間に1度マウスピースを交換して少しづつ歯を動かしていくため痛みを感じづらいです。※個人差はございます。 ワイヤー矯正は強い力で歯を動かしていきますので装着してから数日から数週間やや強い痛みを感じる事があります。※個人差はございます。

 

 

一番上に戻る
TEL:047-411-5075TEL:047-411-5075 初診限定24時間WEB予約初診限定24時間WEB予約
LINEでお得な情報をお届け!
  • Facebook
  • Instagram
  • 歯科豆知識
インプラント専門サイト
  • LINEでお得な情報をお届け!
  • LINEでお得な情報をお届け!
歯科治療費の強い味方 アプラス「デンタルローン」