よくあるお悩み

2021.03.21

フッ素&シーラントについて

乳歯は虫歯になりやすいので注意が必要

子供の歯(以下乳歯)は、大人の歯に比べてやわらかいため
虫歯になりやすく、厚みがないので比較的早く神経まで進行してしまいます。

乳歯は、虫歯になりやすいだけでなく、虫歯になってしまった場合
永久歯に悪い影響を与えてしまう可能性があるので
どうせ抜けるからといってそのままにしていてはいけません。

子供は、痛みについての状況を、上手く伝えられない場合があるので
大人が気付いた時にはすでに、虫歯が重症化してしまっている場合もあります。

それを予防するためにも、乳歯が1本でも生えたら
歯科検診を受けるのがおすすめです。

虫歯になってから治療するために歯科を訪れるのではなく
虫歯になる前に、歯科に通って予防するようにしましょう。

虫歯予防に“フッ素塗布”と“シーラント”

虫歯を予防するための処置として
「フッ素塗布」と「シーラント」という方法があります。

◎フッ素塗布とは

歯の表面に高濃度のフッ化物ジェルを塗布することで、歯の質を強化していきます。

同時に、歯の再石灰化も促進されるので、虫歯菌が寄り付きにくく
強くて丈夫な歯を作り上げることができる方法です。

歯科で虫歯予防に使用するフッ素は、猛毒である元素記号「F」(フッ素)単体ではなく、安全な化合物である「フッ化物」です。
もともと自然界に多く存在するもので、お茶や母乳などにも含まれています。

お子さまの虫歯予防を考えている方におすすめです。

◎シーラントとは

子供の歯は、大人の歯よりも溝が深く、食べかすや歯垢がたまりやすいので
そこから虫歯になるケースがとても多いです。

その複雑な奥歯の溝の中をキレイにしたあと、虫歯菌がはいらないように
フッ素の入った樹脂でうめる処置をシーラントと言います。

そうすることにより、奥歯の溝に汚れがたまるのを防ぎ、虫歯を予防します。
出来るだけ早いタイミングで溝を埋めてしまう処置をおこなうのが
虫歯予防には効果的です。

まとめ

・フッ素塗布は歯の表面をコーティングする
・シーラントは物理的に溝を塞ぐ

どちらも歯磨きの苦手な子どもにとって、虫歯の予防として効果的です。

しかし、フッ素塗布もシーラントも、1度の処置で済む訳ではなく
定期的に実施する必要があります。

定期的に歯科を受診して歯科検診をおこない、チェックをおこなうことが、
歯の健康を保つためにとても重要です。

日々の丁寧な歯ブラシをするのはもちろんですが、
効果の高い虫歯予防として、フッ素塗布やシーラントがおすすめです。

LINEでお得な情報をお届け!
  • Facebook
  • Instagram
  • 歯科豆知識
インプラント専門サイト
  • LINEでお得な情報をお届け!
  • LINEでお得な情報をお届け!
歯科治療費の強い味方 アプラス「デンタルローン」